会社概要

ご挨拶

素材産業、鉄鋼業界、縞板及び床用鋼板一般、そして自社および自社特有技術の普遍性を信じて

当社は昭和7年に創業、31年に株式会社に改組し、縞鋼板の専門業者として最も永い歴史を誇り、鉄一筋の歩みを続けて参りました。今日"縞板の丸和"として、全国的に皆様方に知られるまでになりましたのも、偏にお客様各位のご愛顧の賜物によるものと心より厚く御礼申し上げます。

弊社の装備品はすべて縞板用・縞板専門の機械・設備であり、営業マン・技術者は名実ともに縞板のスペシャリスト集団です。

1988年には新鋭技術の導入と設備の合理化を進め、特にレベラー・シャーラインの更新により、切断精度の向上や巾・長さの鋼板切断可能範囲が拡大し、一段とキメ細かなサービスができるようになりました。これにより弊社のモットーでもあるあらゆる寸法の切断はもとより、短期納入など機動力面でもパワーアップを成し遂げ皆様方のご期待に応え得る体勢を確立することができました。

  • 今後も 丸和 は、"鉄"の"縞板"の永続性を追求するため、日々努力を惜しみません。
  • 信用を第一に考え、独自の製品を通じて産業・文化の発展に貢献することを誓います。
  • 良質の製品を市場に安定供給するため技術を磨き、創意工夫をはかり、お客様のニーズに応えていきます。
  • 営業活動を通じて、お客様とのコミニュケーションを大事にし、機敏なフットワーク、爽快の笑顔で接します。
  • 縞鋼板全般に通じる良きアドバイザーとして、製品の適材適所を心掛け、コーディネーター機能を発揮します。

当社は、今後も更なる飛躍を目指し、絶え間ざるチャレンジを続けて参りますので、変わらぬ一層のご支援ご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
中畑 充弘